--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.04

赤くて辛い食卓

晩ご飯は息子の料理で

辛い鍋と辛そうなふりかけラー油

息子が見つけてきたラー油なので、ついでに料理もお願いしました。
鍋!
赤い鍋・辛そうな鍋。

先日のラー油なのですが、調味料としてのラー油ではなく、ご飯のお供として
飯にのっけたり、サラダ、豆腐に乗っけたりして食べる物らしいです。
辛そうで辛くない少し辛いラー油は冷奴にかけて~~なんて思っていましたら、
やたら寒い日なので、とても冷奴の気分ではなく、ご飯に上にのせてしまおう
ということで乗せてみました。
ラー油ごはん

まず目を閉じましてラー油の味は、ん・?え・?ふりかけ?
鰹のふりかけに胡麻油をかけて少し辛くした感じ、辛くありません。
本当に色はラー油の辛そうな色ですが、お茶碗のご飯の底にまでしっかり
ラー油の色が広がって、赤・赤・あか
しかし辛くないです。
ご飯とラー油

ガーリックの香ばしさでご飯がすすみます。
化学調味料の味が多少するのが気になりますが、
ご飯のお供としてはかなりいいのではないでしょうか
ネットで人気が出て現在品薄状態らしいですが皆様もお試しあれ。

むしろ、鍋の方が恐ろしく辛かった。
グワッ-と顔や頭のてっぺんから汗が出る感じで、なんでまた、この組み合わせ?
まあ、息子らしいと言えば、そうなんですが・・・息子の考えそうな食事でした。

というわけで代筆です。駄息子ですこんばんわ。
自分のブログほったらかしで今日は親のブログジャックです。
アメリカ行ってから韓国人の友人といろいろ食べたせいで
唐辛子系の料理をよく作るようになりました。

チゲ風鍋の作り方((3~4人前くらい)

鍋に材料が浸らないくらいの水(野菜から水が出るので)と乾燥昆布一枚を入れます。
ニンニク5カケほど(好みに応じて増減してください)を2ミリくらいの輪切り、
もしくはみじん切りにして鍋に加えます。
鍋・昆布ニンニク青葱

あったら長ネギの青い部分も入れておきます。
冬に温まりたかったらしょうがも1カケ入れておいてもいいですね。
鶏肉・白菜・イカ

これを火にかけ、赤味噌大さじ1.5とコチュジャン大さじ1
しょう油小匙2、ザラメ小匙2くらいを加えて少し中火で煮立たせます。
最低10分はグツグツやった方がいい気がします。
赤味噌とコチジャン

ニンニクがとろとろになりますので。
これでベースのスープの完成です。
スープができて野菜を入れる直前に
入れてあったら長ネギの青い部分を取り出しまして
すりゴマを大さじ2~3杯とゴマ油大さじ1を投入、
日本酒も大さじ2ほど投入します。

軽く沸騰したら味をみて調節してください。
旨みが足りない場合は顆粒カツオだし入れてみてください。
今後野菜から出る水や具から出るダシを想定して、
完成形よりちょい濃いくらいでいいです。
ぐつぐつグラグラ鍋

火の通りにくい白菜の芯や長ネギ、
火が通ってもさほど食感の変わらないキノコ類から入れていきます。
ここでポイントなのですが、魚介は絶対一品入れることをお勧めします
今回は安かったのでスルメイカにしましたが、
無難な路線ではハマグリやアサリなどがいいダシが出ると思います。
そして最後に肉(鶏モモや豚バラがベター)や白菜の葉の部分を入れて
ちょうど火が通るくらいで完成です。
ピリカラ鍋

カラウマッ!こう寒いと辛い物で温まらないとね!
ニンニクとすりゴマでちょっととろみがおいしいですよん。
ニンニクは加熱してスープと一体化し、
ゴマ油によってにおいは気にならないと思います。

翌日までスープを残しておき、おもむろにうどんを投入するとこれまたうまいです。
生きてて良かった!


この記事へのトラックバックURL
http://emisha.blog47.fc2.com/tb.php/66-df0f238a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。