--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.29

トビウオのなめろう

味噌抜きのなめろう風
トビウオ刺身 004


材料:
とびうお   2尾(新鮮なもの)
大葉(青紫蘇)4‐5枚
生姜     親指より小さめ
しょう油   適量

○ トビウオは三枚に卸して皮を剥き骨が残っていたら取り除いておきます。
  少し小さめのぶつ切りにします。我が家では、たたきのようにしています。
 ☆なめろうにするには、ぶつ切りではなくもっと細かく切ります。

   トビウオ刺身 001 トビウオ刺身 002 トビウオ刺身 003


○ 大葉(みじん切り、もしくは糸切り)と生姜はみじん切りにし、
  ぶつ切りにしたトビウオに混ぜ込みます。
  そこに、しょう油をたらして下味をつけて出来上がり。
  冷蔵庫で冷やしてから、いただきます。
  大根をかつら剥きにし、水にさらしシャキッとさせて、なめろうに添えました。
  
トビウオを料理するのも食べるのも初めてです、魚屋さんで活きのいいトビウオを
見つけたので食べてみたくなって買いました。
うろこを取り除き、三枚に卸した後、気を付けているのですがどうしても、うろこが
三枚にした身の方に5つ、6つ、くっついてしまっていることがあるので、
よく注意して見て作業します。
トビウオはシッカリした鯵のような身で、まったく生臭さを感じず美味しく頂きました。

☆“なめろう”とは味噌を和えて作るのですが、我が家では生姜をたっぷり入れて生臭さを消して味噌の代わりにお醤油で頂きました。
他の食べ方として、酢を加えた“酢なめろう”・なめろうを焼いて食する“サンガ焼き”などが
あります。
千葉県の房総半島の漁師の方が船に乗っている時、作られた食事の一つとして召し上がっていたものが広がったと聞きました。

この記事へのトラックバックURL
http://emisha.blog47.fc2.com/tb.php/43-1dd24ad2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。