--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.12

散らし寿司

 
2011散らし寿司1

順々に具を載せていくと色や見た目も変わって・・・・鮮やか

2011散らし寿司 4

かんぴょうは流水でさっと洗いましたら、塩で揉み洗いをして
水に浸けて40分ほどもどし10分茹でてから小口切りにしておきます。

干し椎茸は石づきがついていたら取除いて、
軸の部分はポキンと折ってサッと洗ってひたひたよりやや多めの水に
20分から40分浸けてもどし、薄切りにします。(この戻し汁は捨てないでね)

菜花は塩少々加えて短時間で色よく茹でてお皿にとって冷まします。
鍋に椎茸の戻し汁と酒大さじ2・砂糖大さじ1.5を入れ、かんぴょうと椎茸も
入れてひと煮立ちしたましたらしょう油大さじ2みりん大さじ2で煮詰めます。



寿司ご飯
お米3合・水3合・昆布10センチ・酒少々で炊きます。
炊いている間に寿司酢を作ります。


寿司酢(合わせ酢)
米酢大さじ6(100cc)
砂糖大さじ2.5‐4(味をみて好みにより増やします)
塩小さじ1


(飯台)寿司桶はよく乾燥したものを使いますが、
そのままご飯を入れますと桶にくっついてしまいますので
使う前には必ず湿らせて(ぬれ布巾などで)から
炊き上がったご飯を入れ、作っておいた合わせ酢をまわし入れながら、
ご飯と合わせていきます
(合わせている間はパタパタと、うちわで風をおくり冷まします)。
     
煮上がっています椎茸とかんぴょうも
寿司飯をしゃもじ(杓文字)で切る様にして混ぜ込みます。



色よく茹でた菜花もパラパラと散らしておきます。


2011散らし寿司 5

錦糸玉子、のり、大葉 薄切りにした酢レンコンなどを順にのせていきます。

2011散らし寿司 6

2011散らし寿司 7  茹でた海老も


漬け(酒・醤油・ミリン)に浸しておいた刺身  

2011散らし寿司 8


蟹なども順々に 

2011散らし寿司 9

のせる。

2011散らし寿司 11

 のせる。



お吸い物は三つ葉と
2011散らし寿司 10


生湯葉とかまぼこ2011散らし寿司 13



贅沢に色を楽しんで、味を楽しんで 満足な散らし寿司でした。
            

2011散らし寿司 12

ごちそうさまー

散らし寿司を載せたのですが 載せすぎて

騒がしい万華鏡みたいなページになってしまいましたー

この記事へのトラックバックURL
http://emisha.blog47.fc2.com/tb.php/296-7a996c18
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
おはようございます。♪
朝から 移り行く彩りよい贅沢な、ちらし寿司を
堪能させていただきました~。
美味しいの間違いなし!! ですね。
お吸い物も美味しそう~。
スイーツに劣らず、お料理も素晴らしいですねっ(^_-)-☆
Posted by ラベンダー at 2011.05.13 08:51 | 編集
ラベンダーさんへ

ありがとうございます!
ちょっと褒められすぎてくすぐったいわ。

ちらし寿司は中に入れたり
上に載せていく新鮮な魚介類等の具さえ
あれば、それと、すし飯さえ美味しくできれば
満足のいくものが食べられますよね。

お吸い物の生湯葉は大好きで、お豆腐屋さんに
行った時、淡く黄色い 出来上がったばかりの生湯葉が
湯気で霞んでいる部屋中に 
黄色いハンカチのようにひらひらと並んでいるのを
見て以来、感激しちゃってファンになったの。

生湯葉はワサビで頂いてもとても美味しくて、
勿論、お吸い物にもたっぷり入れて頂くのが
おいしいですよねー。

Posted by エミシャ at 2011.05.14 06:15 | 編集
こんにちは!
すごくゴージャスなちらし寿司ですね~
Posted by hananoiro at 2011.05.15 11:18 | 編集
hananoiroさんへ

はい、そうなんですよー。私にとりましては

とっても贅沢に作りました、好きなもの全部載せて。

放射能で汚染されているかもしれないなんて思いながらも

ぺろりとぜーんぶ食べちゃいました。

これね、母の日はとっくに過ぎているけれど

自分にごほうびのつもりで作ったの。(嬉)

勿論、家族にもね。

Posted by エミシャ at 2011.05.15 21:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。