--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.21

パイ生地Ⅲ

チェリーパイの生地作り

アボカド・パキラ 2 パキラ元気に育っています。


アボカドも元気です♪~アボカド・パキラ 1


さて、パイ生地作りします!

(管理人は、まだ冷蔵庫が無いのでアイスボックスで作成)



練り込みパイ生地

パイ生地2台分:

薄力粉 ‐ 300g
強力粉 ‐ 100g
塩   ‐ 8g
(粉類は合わせてふるっておきます)

無塩バター‐200g <1㎝角に刻んでおきます。>
ショートニング‐100g
(どちらも冷しておきます)柔らかくなってしまうと作れません。

冷水 -180cc~200cc

カッター・ペーパータオル ラップ用ビニール袋等
※予備の強力粉
強力粉を台の上に振るって生地が台にくっつかないように
作業しやすいようにします。



a:

①振るってあります粉類を台の上に富士山のように盛ります。(写真a1)

 練り込みパイ生地 a1


②ショートニングを粉の上に載せてカッターで上からトントンと(a2)
  切るように刻み練り込んでいきます。

練り込みパイ生地 a2


③バターものせて、同じように切り込んでいき、バターの大きさが
 ポロポロと大豆より少し小さめくらいになるまで。(a3 ~a5)

練り込みパイ生地 a3     練り込みパイ生地 a4     練り込みパイ生地 a5


④粉生地の真ん中をくぼませて、水を3回に分けて加えていきます。(a6 ~a8)
 カッターで周囲の粉壁から外に流れ出さないように中央に寄せながら
 混ぜていきます。水加減は様子を見ながら・・・。

練り込みパイ生地 a6     練り込みパイ生地 a7     練り込みパイ生地 a8



⑤キレイに均一には混ざっていない状態のまま、生地をまとめます。(a9 ~a10)

 ラップをして冷蔵庫で2時間~一晩寝かせます。

練り込みパイ生地 a9     練り込みパイ生地 a10



b:
⑥数時間冷蔵庫で寝かせた生地を粉を振りました台の上に載せます。(b11)
練り込みパイ生地 b11


⑦麺棒で生地の上から押さえながら縦長に伸ばしていきます。(b12)
 冷えて硬いのですが無理やり伸ばさないようにゆっくりと。

練り込みパイ生地 b12


⑧私の使っています台は横長ですので縦長に伸びました生地を(b13)
 回転させ横にして置いてあります。
 上から1/3を手前に折り曲げます。

練り込みパイ生地 b13


⑨手前の1/3も向こう側に折り曲げ重ねたたみます。(b14)
練り込みパイ生地 b14


⑩ ⑦と同様に同じ作業を繰り返します。計3回繰り返す。(写真b15~b19まで)
  
   ※注意:この作業中、季節によっては生地が柔らかくなりすぎた場合は
    すぐに冷蔵庫で冷やします。
    生地の中でバターが溶けてしまうとうまくいきません。
 

練り込みパイ生地 b15   練り込みパイ生地 b16   練り込みパイ生地 b17



練り込みパイ生地 b18   練り込みパイ生地 b19




⑪再び台の上に生地を伸ばしましたら  (b20~b22) 
 両端から 1/4 内側へ折りたたみます。

練り込みパイ生地 b20   練り込みパイ生地 b21   練り込みパイ生地 b22




⑫ ‐⑪を内側から中心へ2つに折りたたみます。(b23)    
練り込みパイ生地 b23



⑬  また半分に折りましてラップをしっかりして
   冷蔵庫へ2時間以上~一晩寝かせます。(b24~b27)

練り込みパイ生地 b24   練り込みパイ生地 b25   練り込みパイ生地 b26


練り込みパイ生地 b27




   ヽ( ^∀^)ノ 生地を十分休ませましたらいよいよパイ作り~~♪



この記事へのトラックバックURL
http://emisha.blog47.fc2.com/tb.php/250-2ac19197
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。