--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.17

とうがらし


先週、 “唐辛子で作る真っ赤ジャン”のレシピと

その作り方というのをテレビ番組でやっていましたので

ゆっくり後で見ようと録画しておきました。


ここでは、あれこれ管理人の間の抜けた行いをつらつらと載せていますので、

※ 番組オリジナルの万能調味料

 “真っ赤ジャンのレシピと作り方”
を最初に載せます。

材料: 唐辛子 1


★辛味を抜いた唐辛子を用意(みじん切りを17g)乾燥唐辛子の5g分  
《 乾燥とうがらし2パック分(15gくらい)を用意。
 はさみもしくは包丁で2つに切り開き、中のタネを取り除きます。
 辛味を完全に抜きたい場合は、唐辛子の内側果肉に残っています
 胎座を完全に取り除きます。
 ホワイトリカー(アルコール35%)300mlに2時間つけ込みます。》 


    唐辛子アルコール浸け


★パプリカ(フォークか串2本で挿して火であぶって表面を焼き皮をむく)…1個分

★サラダ油 -大さじ4
★酒     -小さじ1 1/2
★醤油    -大さじ1
★かつお節  -粉末にしたもの3g
★粉チーズ  -5g


作り方:

フライパンにサラダ油を入れて火をつけ、唐辛子とパプリカを弱火で
じっくりいためる。水分が充分にとぶまで加熱するのがポイント。
酒としょうゆを入れて混ぜたあと、かつお節と粉チーズを入れて
さらに混ぜる。全体になじんだら完成。
   【冷蔵庫で一週間~10日保存できます】




まずは唐辛子の辛さは何処からくるのかという説明から

唐辛子 2

採りたてのフレッシュな唐辛子を半分に割り中を見ると

唐辛子種 胎座


種、そしてその 種の下に胎座(たいざ)という筋っぽいもの があります。

唐辛子 胎座


この胎座というものが辛さの元、  唐辛子が乾燥してきますと 


胎座は分解し散らばって種や唐辛子の内面にペタペタとくっつき、


唐辛子全体がその辛さを吸収して辛~い食べ物になるのですって。


庭の唐辛子を採ってきて、さっそく試すことにしました。

何故かワクワクッとした気分になって、

唐辛子が相手なのに、こんなに嬉しい気分になるなんて・・

ワクワクッ!

 
だって胎座を取り除けば甘くてフルーティーな味と言っていたような、

だったような、とにかく試すことに。


ゴム手袋はめて、

唐辛子を摘もうとしたら、あれっ、2種類育ってる、


唐辛子畑上向


確かどちらも唐辛子、の はず・・・。

唐辛子畑 細



片一方は空を向いて唐辛子が生っている、

唐辛子畑上向き



もう片方は下に垂れ下がるようにして生っている。

唐辛子畑 細1

ん??? まあ、どちらも唐辛子という事で

早速摘んで、ビンを2つ用意しまして、

一方は種と胎座を抜いて入れ、もう片方には

唐辛子 取り除き後

全部ついたままを入れアルコール分35パーセント(ホワイトリカー)

もしくはアルコール35%以上の酒等に浸けます。

アルコールに浸けますと種や胎座を一緒に浸け込んでも2時間で辛味成分を

アルコールが吸収してくれるので、辛さの殆んど無い唐辛子になるそうです。

<沖縄料理店では泡盛に唐辛子入れたビンをテーブルの上に置いてありました。
 これは、唐辛子には辛味に隠れた旨み・甘みがあるからですとのこと
         でも激辛、コ-レーグースと呼ばれています。  >



管理人はここで大きな間違いをしたような・・・。


お酒に浸けるものとは別に、試してみたくて、('∀`)

採りたてのフレッシュな唐辛子の種と胎座を取り除き

ワクワク感を抑えながらパクッとムシャ、ムシャ食べてみましたー。

うぅっーーーッ、 か・ら・いッ   辛い~~ 

どうして!  なぜッ!   あーぁ・・・。(゚д`*;)

慌てて流水で口を濯ぐ。

喉、口の中ひりひり、ピリピリしているまま

わーわーと15分ぐらい騒いだ後、どうしても諦めきれず

それでも懲りずに、もう一度トライすることに、

もう片方の違う唐辛子を摘み取って同じように

胎座を左手で取り除いて、右手で恐る恐る口の中へ。

アグッと口に入れた途端、一瞬 ピーマン? のような、

ヨシこれなら、だいじょうぶーっと心の底で微笑みかけた

ところがアっーという間にもうー遅い!  辛~~~イ 痛い!!

このピリピリ、ビリビリッ ハーラハラを繰り返したところでやっと

あきらめることに致しました。


どうやら我が家の唐辛子たちは皆、胎座を取っても取らなくても辛いようです。

<家族からひと言 (´-`).。oO(そんな事、考えれば判ることじゃないの・・) >。。

と、完全に呆れられてしまった。


管理人、強がって、“ちょっと試してみたかったものですから・・ー(-Д-) ”



結局、何をどう間違えて辛~~い思いをしたのか解っていない管理人でございます。

唐辛子の種類かな? ちゃんと手袋して辛い所が手に付かないようにしていたのですよ。

どうしたらフルーティな味の唐辛子を味わえるんでしょうねー。 (-_-)


おしまい
この記事へのトラックバックURL
http://emisha.blog47.fc2.com/tb.php/246-e66b2da1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんにちは。
なんだかとても好奇心の多い、エミシャさんの一面を拝見しました。(笑)
「アルコールに浸けますと種や胎座を一緒に浸け込んでも2時間で辛味成分をアルコールが吸収してくれるので、辛さの殆んど無い唐辛子になるそうです。」
夫は辛いのが好きですが、私はそこまでなくて・・。
アルコールに浸すなんて知りませんでした。
アメリカに行ったら早速やってみたいと思っています。

いろんなものを植えているのですね。
収穫の楽しみがありますね・・・。畑したいです。
Posted by sakuramom at 2010.10.18 13:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。