--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.29

じゃーじゃー麺

炸醤麺(ジャージアンミエン) 

炸醤麺じゃぁじゃぁめん15 出来上がりました

麺は 中華麺・刀削麺・ 地域によってはうどんを使うところもあるそうです。

〔タケノコ・椎茸を加えた肉味噌〕

豆味噌、豆板醤、本来なら甘みは入らないけれど最近では甜麺醤を加えて

甘みを加える所が多くなっているようです。

中華麺を作ったことの無い管理人が初めて作ったものを載せるというのは
如何なものかと思いましたが
私のブログをご覧になってくださっている方はよくおわかりの通り
失敗作を平気で載せている管理人でございます。
呆れられてしまっていることは重々承知の上でアップします。


このジャージャー麺は、遠い昔に私がニューヨークのマンハッタンの

当時はパンナムビル(パン・アメリカン航空ビル)近くの

レキシントンとパークアヴェニューの間に居た頃、ご両親のどちらかが中国の方で

日本で生まれ育った友人がお昼に作ってご馳走してくださった思い出深いものです。

彼女のように手際よくはいきませんが、なんとか作ってみました。


麺の幅も2ミリじゃなくてはならない所を倍の3~4ミリもあるので、うどん?のような・・・。

まあ、太い方がお味噌がからみ易くていい!と勝手に満足している管理人でございます。


麺 材料:

強力粉 300g 薄力粉 100g
全卵 2個
水(卵2個込みで)200cc  
塩 8g

炸醤麺じゃぁじゃぁめん 1材料

強力粉と薄力粉を合わせてボウルの中に振るっておきます。

計量カップに卵2個割り入れほぐして、

そこへ水を200ccのところまで足し塩8g加え混ぜ合わせましたら

合わせて振るってあります小麦粉の中へ入れます。

先の丸いナイフかへらで切るようにして

小麦粉と水分が均一になるように混ぜていきます。

そのうちにぼそぼそ状態になってきますので、

手をぐーにして拳に体重をかけながら小麦粉の

ぼろぼろと逃げているカスも捕まえながら包み込みつつ塊りにしていきます。

炸醤麺じゃぁじゃぁめん 2麺こね開始

麺生地が塊になりましたら、ビニール袋(ズィップロック)に入れて、

もう一枚ひとまわり大きいビニール袋(飛び出したりした時の念のために)へ

包み、その上にブランケットや座布団、タオルなどのような物をかぶせて

その上から足で何回か踏んで均一に平らになりましたら、取り出してたたみ込んで、

また同じく踏む・たたむ・踏む・たたむ・踏むの繰り返しを3~4回しましたら
炸醤麺じゃぁじゃぁめん 3麺作り

ボウルに入れて30分以上休ませます。(冬ですと2~3時間は休ませるのだそうです。)

 
 ※ 麺生地を休ませている間に肉味噌を作ります。 

豚挽肉  250g
椎茸   刻む 2枚
松の実  みじん切り 大さじ1,5
ニンニク みじん切り 2片
生姜   みじん切り 大さじ1
ネギ   みじん切り 大さじ2
赤味噌  大さじ3+ミリンと酒
豆板醤  小さじ1
水    80cc+鶏がらスープ小さじ1
しょう油 大さじ3
酒    大さじ3
コショウ 少々
砂糖   大さじ1,5
水溶き片栗粉 大さじ2
辣油     大さじ1

炸醤麺じゃぁじゃぁめん 10肉味噌用ねぎ    炸醤麺じゃぁじゃぁめん 11肉味噌用豚ばら肉    炸醤麺じゃぁじゃぁめん12 肉味噌用ばら肉刻む



きゅうりは1本を3~4等分して細切りにして

出来上がったジャージャー麺に添えます。

タケノコは家になかったので、材料は家にあるものだけで作りました。

炸醤麺じゃぁじゃぁめん 8肉味噌用ニンニク松の実    炸醤麺じゃぁじゃぁめん 9肉味噌用に刻む    炸醤麺じゃぁじゃぁめん 9a肉味噌材料



中華なべを強火で熱して油を大さじ1,5入れ

豚挽き肉に火が通るまで炒めます。

そこへニンニク、ネギ、生姜、松の実、椎茸、を

加えて炒め香りが出てきましたところで

炸醤麺じゃぁじゃぁめん 13肉味噌材料全部炒め

豆板醤に続いて酒とミリンで溶いた赤味噌を加え炒めます。

鶏がらスープ小さじ1を加えた水80ccを鍋にぐるりと回し入れて、

酒、砂糖、しょう油、コショウを加えて

味をみつつ、味が足りなければ好みの味に調整して、

煮立ちましたら水溶き片栗粉を2回に分けて入れよく熱しながら

炸醤麺じゃぁじゃぁめん 14肉味噌出来上がり

とろみをつけて火から降ろしてからラー油大さじ1とゴマ油大さじ1を加えて、

ジャージャー麺の味噌の出来上がり。



 ※ 麺作りの続き

麺生地を30分以上休ませましたら、強力粉をふった台の上に載せ

粉を塗した手で平らに押さえて伸ばし棒を使ってさらに伸ばします。

炸醤麺じゃぁじゃぁめん 4麺生地台に伸ばす

麺は茹でると太くなるので、厚さ1~2mmを目安に伸ばします。

私はしっかり伸ばしきれていなかった様で

ラーメンにならずにうどんになってしまいました。(笑)

伸ばし終わりましたら、麺生地を屏風折にして、

横に分量外の強力粉を置いておき、

麺生地を切った時切り口がくっつきやすいので

炸醤麺じゃぁじゃぁめん 5麺を2ミリ幅に切る     炸醤麺じゃぁじゃぁめん 6切り幅が太い

表面にパラパラと振りかけながら2mm幅くらいに切っていきます。

切った麺はバットや大きい器に移し薄力粉をまぶして

1本1本バラバラにほぐしておきませんと

切った麺の切り口どうしがくっついてしまいます。


私はここで初心者らしく失敗いたしまして、ほぐすのに苦労いたしました。(泣)

鍋にたっぷりの湯を沸かして台に残っている小麦粉を鍋に入れて沸騰しましたら

麺をパラパラリンと入れます。

入れました後、再沸騰するまでかき混ぜてはいけません。

炸醤麺じゃぁじゃぁめん 7麺を茹でます

麺が浮いてきましたら混ぜてもかまいません、

茹で時間は幅2mmの麺の場合2~3分、

私の麺は3~4ミリはありますので4分30秒ほどでした。

スパゲッティを茹でる時の様に1本を途中で取り出し

食べてみて粉っぽさがなければOK.

ザルにいれ冷水で洗って水切りをして器に盛り、

細切りのきゅうりと作ってあります味噌を添えて

出来上がりです。炸醤麺じゃぁじゃぁめん15 出来上がりました

けっこう、おいしくできました。

なんといっても麺の食感、味には満足しました、

チョット面倒ですけど、やっぱりおいしい。


この記事へのトラックバックURL
http://emisha.blog47.fc2.com/tb.php/196-f085fd1f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして。

コメントありがとうございます!

麺からご自分でつくられたのですねー。
とってもおいしそうですね♪

またブログ訪問させていただきます!!!
Posted by 三十路オンナ at 2010.06.30 20:53 | 編集
三十路オンナさんへ

遊びに来てくださってありがとうございます。

お粗末なブログですがいつでもどうぞ。

また、お邪魔しに行かせていただきますね。

よろしく。
Posted by エミシャ at 2010.07.01 14:48 | 編集
すごぉい!!!

こんなものまで自宅で作れちゃうなんて☆
しかも、お店のより美味しそうです。

わたしも麺は太めで固めが好きなので、
このくらいがいいなー(^ー^)

このうだる暑さの中、
夏のお昼ごはんはこんなのがいいです!!!
うちの会社に出前お願いしまーす♪
Posted by あこぱん at 2010.07.01 16:15 | 編集
すごい!麺から手作りするなんて!!
さすが!エミシャさん。
これは絶対に美味しいですよね~~
美味しいものを頂くご家族の笑顔が浮かびます。
主婦の鏡です。

ところでエミシャさんはニューヨークに暮らしたことあるのですか?・・・良い経験しているのですね。
きっと物の見方も狭い日本にとらわれない自由な発想が豊かですね~♪~
Posted by imari at 2010.07.01 20:36 | 編集
あこぱんさんへ

アイヨッ! まいど~~♪ おまたせッ!

って配達したい所ですがちょっと遠~~~い。

嬉しい事言ってくださるじゃぁないですかヽ( ^∀^)ノ

これから暑い日が続きます、しっかり食べてのりきりましょう!


Posted by エミシャ at 2010.07.02 12:19 | 編集
imariさんへ

良い事ばかり言われちゃって私恥ずかしいやらくすぐったいやら・・・です。

夫や息子に言わせると“ 主婦の鏡の鏡が凹むよ ”ですって!


ニューヨークへはもう、ずっと行っていません。

一昨年の秋に私の尊敬している伯母が

亡くなりましたが、ショックで行けませんでした。

彼女はクラッシックバレー学院の院長をしていました。

彼女が亡くなる少し前に私がサンフランシスコへ行ったとき

電話で長く話をし、必ず会いに行くって言ったのが最後でした。

お葬式へはたくさんの方々、(バレー学校関係)がいらしていたようで

私は花束を送り日本で静かに彼女のこと思っていました。

ちょっと話が変な方向へ・・・すみません。


今はただひたすらに、食住をたのしみながら。

また、imariさん、美味しいもの教えてくださいね、お邪魔しに行きま~す。

コメントありがとうございました!
Posted by エミシャ at 2010.07.02 12:49 | 編集
麺作りからですか!!!
さすが!
これは、美味しかったでしょうね~!
実はね、じゃじゃ麺って、本場の中国と韓国、それから日本のモノで、凄く別物の感じなんですよね!
私も、美味しいじゃじゃ麺のお店がないから自分で作ってるんだけど、自分はやはり、懐かしい韓国版じゃじゃ麺を目指して作ってます。自分だけの為にね(笑)

韓国の商品店にいくと、じゃじゃ麺の元になる味噌を売ってるんですが、それだけだとね、酸味が中々抜けなくて、それが悩みの種だったんだけど、テンメンジャン!これは美味しかったですよ!でも、テンメンジャンだけだと、少し甘すぎるので、半々くらいに今は作ってるんです。

いい記事を読ませて頂きました、ありがとうございます!
Posted by kanako at 2010.07.03 10:15 | 編集
Kanakoさん、こんばんは。

 韓国料理、私が今までおいし~く頂いたのは、
 外食は別として、韓国出身の友人が作ってくれた太巻き寿司、
 他にも勿論美味しいスープ等食べさせていただいたのですが
 この太巻き寿司の味付けが非常に美味しかったです。

 日本の味付けとはまた違っていて甘みを加えず
 あっさりした美味しさの太巻き、1本切らずにその場で
 全部完食しちゃいました。

作ってもらって頂くと、尚美味しくて。

いろんな食べ物に出会えるのはワクワクします。

Posted by エミシャ at 2010.07.04 00:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。