--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.13

かんば餅〔芋の餅〕

四国の高知の伝統料理〔郷土食〕
いただきの品です

さつまいも餅 3


あまり美味しかったので
何からできていてどうやって作るのか知りたくて
くださった方に
作り方を教えて頂きました。

さつまいも餅 2


高知では普通のお家でも作られていると聞きました。


サツマイモを茹でて干し芋にして
その干し芋と蒸した餅米を臼に入れ杵でつき
砂糖を少々加え、更によく杵でついたものを
大形のかまぼこ状の形にします。

管理人が頂いたのは、かまぼこ状の大形。


さつまいも餅 1
それをスライスして、サット焼き頂いたのですが
とても美味 ⊂(゚∀゚*)。

素朴でいて奥が深く飽きない味です
材料がサツマイモというところが嬉しい。
お腹にも腸にも良いですし、
( ´∀`)おやつ・朝食にも。
ほっかほっかのあつあつ焼きたて、おいし~い!!
さつまいも餅 4


管理人は四国・高知のほうへは行ったことがないので
いつか行ってみたいと思います。

ご馳走様でした。( ・∀・)
この記事へのトラックバックURL
http://emisha.blog47.fc2.com/tb.php/120-e47bc0ab
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして。かんば餅(いも餅)で此処にたどり着きました。

私は、土佐清水の地元生まれ育ちで、小さい頃から、いももち(かんば餅)を味わっております(現在は都会)。

子供の頃からしょっちゅう冬場には食べてましたが、全然飽きなかったです。しかし、いつからか、同じ店かどうか分かりませんが、焼くと、えらくとろけ出すのが長年続いていて、これは砂糖の入れすぎだとわかります(多分)。

案の定、甘過ぎ。失敗作です。これが伝統にされないかと心配ですね。今ではどうなのでしょう?
焼いてもドローとには成らなず、甘すぎないのが本来のいも餅なんです。価格見てびっくり。買うにはぶっちゃけ高過ぎです。高級食と言われればそれまでですが…。解決するべき問題だと思っております。

長くなりました。



Posted by らが at 2014.12.23 22:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。