--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.18

VHSからDVD-RへダビングⅡ

ヴィデオテープの整理

2011V1.jpg


管理人の持っている
一番古い物〔左から〕順に並べて、



2011V2.jpg


左からヴィデオカセット(30分と20分)とそのケース(VHSサイズ)

2011V3.jpg


2011V4.jpg

これは私の持っている中では一番古いものです。
こちらの小さなVHSヴィデオカセットを
上に置いてあります専用のケースにはめ込み
セットしてからヴィデオデッキに入れて観る事ができます。



それらの映像を又新しくVHSテープにダビングして保存しておきました。



2011V5.jpg 
2011V6.jpg


録画も120分出来るようになった8ミリヴィデオカセットテープ
横に置いて比べてみると8mmの方はカセットの厚みもかなり薄いです。

もうひとサイズ小さなカセットテープがどこかにしまってあるのですが
見つからないので、とりあえず入れ物だけあるのでこちらはソニーのハンディーカム、
こちらもとても便利に使いました。

Sony Video8 Handycam

現在の手の平サイズのものと比べると、
こちらの私の使っていたものは随分大きいです。





三番目は今も使っていますVHSヴィデオテープ。
8ミリヴィデオテープを横に並べてみただけ


2011V7.jpg




VHS とはサイズの違うソニーのBetamax
2011V8.jpg


2011V9.jpg




そして現在ダビングに使用しているDVD-R

2011V10.jpg




今度は保存してありましたVHSヴィデオテープが古くなって
テープそのものが痛んできている物もいくつかありますので
映像が見えなくなる前にDVDへ。



2011V11.jpg


6日間掛かってVHSからDVDへ22枚のダビング終了、

VHSのテープが20年以上古いものになるとキズがついた痛んでいる部分で

映像が停まってしまって気が付かずにいると途中のままで終っていたりして

ひどい時はセットしてから10分足らずで停止してしまっているので、

カセットを取り出してもう一つのビデオデッキで

少しだけ再生してテープを巻いて、又セットし直したりで

2時間はほうりっ放しにして置きたいところですが、

なかなかそうは行きません。



時々部屋に戻ってきてはダビングされている映像をチラッと見るつもりが

見入ってしまう事もあり、走馬灯のようにその頃の事が思い出されています。

庭5月


山のように積み重なっているテープをにーッっと睨みながら

少しづつでも整理しなくては片付かない。


こつこつとテープと闘っている日々。


すっきりした部屋になるのはいつのことやら・・・・・。

Posted at 23:13 | 日記 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。