--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.30

日記

今朝はゆっくり起きてから今日まで何もできなかった年末大掃除や
お正月の準備等の家事をしようと決めていた管理人です。

のはずが、またも・・・。

        そうは問屋が降ろさない・・・

早朝4時、管理人にとりましては、まだ真夜中~(ρw-).。o○  なのですが

管理人の部屋に人の気配。管理人のパソコンの電源を入れる音が聞こえ、

どなた???と見ると駄息子がこんな早朝まで起きていて

椅子にちゃっかり座って何故か管理人のパソコン開いている・・・

と、そのうちに

ガチャ~ン ドドッと階段の方で大きな音がして、ドキッッッ!

誰か階段から転落した音! 駄息子に “速く見てきて”と頼み

頼むだけ頼んで、自分も起き上がるはずが身体が起き上がらない。

情けない事に身体が完全に寝ている。

ボーっとしていると、そのうち我が夫が“大変だよ!お婆ちゃんが落ちた”と

叫び、部屋に飛び込んできた。

コップや湯呑み等を載せたおぼんを持って階段を上がっている途中で

足を踏み外し落ちてしまったらしい、お盆も、湯呑みもバラバラに割れ

飛び散って、お婆ちゃんの身体もあちこち出血しています。

頭を下にしたままで、丸くなって 全く動けないでいるところを

息子が抱えて、管理人の部屋で休ませ、少し様子を見る事にしました。

話は普通にできるので良かったのですが、見るからに骨折しているように

思えたので、“救急車を呼ぶから、大丈夫よ”と伝えると

本人は救急車は音が鳴ってくるからいやだ!と わがままー。

怪我をしたところを血止めしたり、シップを貼ったりして、

1時間ほど様子をみていると、やはり腫れてきたので

吐き気が無いか聞き、骨折と判ったので、文句を言わせず

救急車お願いして、病院へ。

年末で病院は救急外来診療の所しか開いていません。

待合室には沢山の患者さんがいました。

お婆ちゃんの検査結果は

右手首骨折、右足ひび入り、右肩、右太腿の怪我 などなど。

入院は手術の人かもっと重症な人と規則で決まっているらしく

年末、この時期ということもあり人手が足りないようで

なかなか入院許可がでませんでした。最初、内科の先生が診てくださり

レントゲンをとってその後次々と間を空けて違う先生が診てくださって

最後4人目の外科の先生がCTで診て下さった時に

右手首の骨折もあることが判ってもらえました。

細い腕が、ぱんぱんに腫れ上がっているのですから素人でも判るのにな~なんて

思ってしまいましたよ。

しかしね、先生が代わる代わる診てくださる度に怪我をしている本人にとっては

とても痛い腫れ上がっている箇所を、何度も“ここが痛いの?、ここは?じゃぁこちらは?”って

同じところを先生たちが押さえているのをずっと見ていた管理人は

<とても腹が立って、もう少しで爆発しそうなのを我慢していました>

骨折ぐらいで、年末の先生も看護婦さんも少ないこんな時期に来る患者には

早く帰ってもらいたいのでしょうけどね。

こちらも、歳が若いならまだ分かるけれど、

80歳も過ぎて骨も弱くなりポキッといきそうな

痩せ細った身体の人間があちこち怪我して骨折して

1人では立つこともできないし、お手洗いにも歩いて行けない状態なのに

松葉杖を片手で使っていけばいいなんて、とんでもない事をおっしゃる。

何としてでも身体の痛み等が少しでも落ち着くまで病院で診て頂く為に

入院させてもらうのに早朝から7時間ねばるにねばって、やっと許可でました。

とりあえず、ホッ。

結局、管理人が家に戻れたのは午後2時30分。

朝食抜きでしたのでお腹ペコペコ、急いで昼食をとり、

気になっている家事をちょっとだけしてから、今日いかなければならない買い物に走り

また、病院へタオルや薬、衣類等を届けに行き、少し落ち着いたお婆ちゃんの顔を見て

一安心。

お婆ちゃんはとても痛い思いをしてかわいそうでした。

管理人の年末年始は・・・・・ひたすら動き続ける事になりそうです。

動ける自分に感謝です!

健康がいいですね。平凡がいいですね。


スポンサーサイト
Posted at 23:58 | 日記 | COM(1) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。