--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.11

パキラ

甦ったパキラ

20年ほど前にお正月に居間に飾る為に購入した盆栽風の寄せ植え、
何が植わっていたのか名前は覚えてないけど
何種類かの小さい花や植物等と混ざって10センチほどの
小さなパキラもその寄せ植えの中に植わってました。

パキラは観葉植物の中でも生命力が強いと言われていますが
この何年もの間、管理人の生活環境も変わった為、
その度に殆んど違う世界に逝ってしまいそうに枯れてしまうようなこと
を繰り返し、昨年、そして今年の春には完全に
もうダメかと思う状態になっていました。

葉も無く、樹の幹は半分以上茶色く乾燥してバキバキに枯れ、
ポキッと折れる。
その幹をそっと握り上に持ち上げるとスポッと簡単に持ち上がり
根もほとんど無く活き活きとした根がどこにも見当たらない状態でした。

私がそんなこんなしている様子を見ていた家族は“枯れちゃったね”と
一言。

現実に誰が見てもそうなのですから仕方ないけど、ショック。

パキラの幹に何かが住み着いて出て行ったようにごっそりと
太い部分が削れている。

これが私の贅肉だったら良かったのに、

“何もあなたの身体を削り取ら無くったっていいじゃないのよね~”

“ パキラよ、 もう一度元気にならない? ”

なんて、口もきけないパキラにブツブツ話しつつ、

土をかぶせて、毎日そっと様子を見ていました。

2ヶ月ほど経ってとても小さな芽が幹から覗き出すようになり

生きていることを確認 !(嬉)

パキラ 痛々しい幹



左は小さな盆栽だった頃に植わっていた鉢。

パキラ1

右はここ、5年ほど前に植え替えした鉢。

みてみて、元気に、それも沢山の葉が・・・。

パキラ2            パキラ 上から見ると


パキラ、よみがえってくれました。

冬の室内温度6度というのがよくなかったような、
いくら日当たりが良くても朝晩の冷え込み過ぎがきついのだと思う。
今年からはパキラの置き場所考えねば。


スポンサーサイト
Posted at 14:25 | 花と野菜 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。