--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.12

アカシアとニセアカシア

花・ハチミツ

私だけでしょうか、

今日までアカシアとニセアカシアを勘違いしていたのは。

アカシヤ花 005
          ↑アカシアの花ではなかったのです !!  ↑

お散歩で公園や丘の方へ行くと風に乗って甘~い香りのする真っ白な

房状に垂れ下がった藤の花に似たトゲのある樹が茂っています。


アカシヤ花 006        アカシヤ花 001

ずっと、この樹はアカシアだと思っていました。でも違うんです。

なんと、ニセアカシア というそうです。


蜜源植物と云われているだけあって

ミツバチが忙しそうに花から花へと働いています。



ニセアカシアの名は北米からヨーロッパに渡り学名が“ロビニア”となり、

日本には明治中頃に入ってきた植物。

アカシヤ花 002


日本では、ハリエンジュ(針槐)と名づけられていて別名がニセアカシアです。

アカシアの蜂蜜として販売されていますのは、このニセアカシアの蜜でございます。

アカシアはちみつの瓶には、やはりハリエンジュの花の写真が貼ってありますネ。

花だけは食用として食べられますが、葉や樹皮は食べられません(毒性有り)との事。

それにしても、“ニセアカシア”っていう呼び方はちょっとかわいそう


では、アカシアというのはどんな樹?ということで調べてみると、

マメ科(ネムノキ科)のアカシアAcacia属。

近所にはアカシアの樹が見当たらないので
写真は載せられませんでした。

種類だけでも:
フサアカシア-ミモザ祭りに使われたりしている。

ギンヨウアカシア-フワフワした直径1センチほどの
丸く黄色い花をびっしりつけている、よく生花に使われるとのこと。

ということで私、まったくの思い違いをしていました。

“ニセアカシア”という名前の存在さえ知りませんでした。


スポンサーサイト
Posted at 17:48 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。