--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.11

ピロシキ

揚げたてが美味しい!  
ピロシキ揚げ 3

ピロシキ〔8個分〕
ピロシキ揚げ 2 ピロシキ揚げ 1


材料(生地)

強力粉‐ 200g

ドライイースト(インスタントイースト)‐ 小さじ1(約3g)

牛乳‐ 150cc

卵‐ 1/2個

砂糖‐ 大さじ1

塩‐ 小さじ1/2

バター‐ 15g

フィリング(詰め物)

合い挽きミンチ‐ 140g

しいたけ(荒みじん切り)‐適量

固ゆで卵(荒みじん切り)‐ 2~3個

パセリ(みじん切り)‐1カップ

たまねぎ(みじん切り)‐ 1個

ニンニク(みじん切り)‐1片

はるさめ(熱湯でもどして長さ2センチに刻む)‐適量

バター 大さじ2

塩、こしょう ‐少々

ブイヨン‐1個(少量の湯で溶かす)

砂糖‐小さじ1

ケチャップ‐大さじ1

カレー粉‐小さじ1

パン粉‐適量

揚げ油 〔170℃くらいでゆっくり揚げます。〕‐適量

☆管理人は一次発酵まではレディースニ-ダーを使いました。
ホームベーカリーを使わない場合は1)~3)を行います。


1)ボールに強力粉を入れ、イーストを加え混ぜ合わせ、中央をくぼませ、
 人肌に温めた牛乳に砂糖を溶かしたものを注ぎ入れ、
 フォークか箸でさっと混ぜ合わせて生地を作を作ります。

2)卵と塩を(1)に加え、なじんだら手で混ぜ、
 室温で柔らかくしたバターを加え、しっかりとこねる。

3)一まとまりになってから、丸くまとめて、
 オイルを薄くぬったボールに入れ、ラップをして
 26~28度位の暖かいところにおいて、
 倍の大きさにふくらむまで1時間くらい発酵させます(一次発酵)。
 発酵が終わりましたら、ふくれた生地をそっと押さえてガスを抜きます。

管理人は、夜遅くに生地作りを始めたので一次発酵後には乾燥しないように
しっかりラップして冷蔵庫のチルドに入れ一晩置きました。

ピロシキ揚げ 13    ピロシキ揚げ 9
4)翌日、冷蔵庫から出して、8等分し、生地を折り込むように丸めて、
 調理用角バットに並べもう一度、乾燥しないようにラップをし、
 暖かいところで生地を室温にもどしました。
 〔朝、室内温度が10℃以下でしたので〕

ピロシキ揚げ 12     ピロシキ揚げ 11
       
5)戻している間に中に入れる具を作ります。
 フライパンにサラダ油かバターを溶かし、
 玉ねぎのみじん切りとニンニクを炒め、
 次にミンチを炒めて色が変わってから、しいたけを加え、
 たまねぎがしんなりしてから、はるさめ加え、ブイヨン、
 砂糖、ケチャップ 塩、こしょうで味をつけ、

ピロシキ揚げ 012      ピロシキ揚げ 10

 この時、もう一つ鍋を用意しまして、
 バター大匙1とカレー粉を鍋に入れさっと炒めて
 そこへ先ほど炒め終わりました具の半分をカレー粉の入っている鍋に移し
 炒め合わせます。
 ピロシキ揚げ 8

フライパンのブイヨン風味、鍋のカレー風味の両方に 
 冷まして、刻んだゆで卵とパセリをざっと混ぜ合わせ、フィリングを作ります。
ピロシキ揚げ 7

6)生地を手で広げて、しいたけの笠のような形
 (中央が厚く、周囲が薄い、肉まんの皮のよう)にし、フィリングの1/8を包み、
 閉じ目をしっかりと止めて打ち粉をふったバットか天板に並べ
 天板ごとポリ袋に入れ30℃で30分間ほど発酵させます。〔ホイロ〕
ピロシキ揚げ 6

冬ですので温風ヒーターの前において発酵させました。 

ピロシキ揚げ 5
 
8)パン粉をつけてから揚げ油で、きつね色に揚げる。
 温度は低めのままゆっくり揚げます。〔170℃〕
 ピロシキ揚げ 4

冷めても美味しいけれど、やっぱり揚げたてが最高よ!!

<パイ生地でオーブンで焼きました時もサクサクッとして美味しかったです。>


スポンサーサイト
Posted at 00:55 | 料理 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。