--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.08

ワンタンスープ

えびワンタン

(蝦肉雲呑)#8204;8えびワンタンスープ出来上がり
シャルオワンタン



五目ワンタン麺が食べたかったのですが横浜の中華街へ行くにはちょいと遠いので
ワンタンメンはあきらめて、今日は海老ワンタンスープを作りました。
9えびわんたんスープ

“ワンタンは皮だけを食べるものと思われているところがありますが、
実際は、新鮮な魚介類や肉類を卵の沢山含まれている皮に包み、
質の良いスープで賞味するもの。”
と聞いています。

材料:3人分
ワンタンの皮・・市販のもの30枚
小エビ(からつき)12尾・130g‐大き目に刻む
豚挽き肉・・・100g
卵黄・・・・・1個分
シイタケ・・・1枚‐みじん切り
ねぎ・・・・・10g‐みじん切り
片栗粉・・・・少々
(ショウガ汁を少し加えてもいい)


スープの材料:
昆布、又は鶏がらスープ
(時間のある時は鶏のがら1羽分でダシをとります。)
白菜250g・・・5~6枚
削り節・・・・15g(顆粒の鰹だしでも可)
水・・・・・・12~15カップ

★塩・・・・・・一人分‐小さじ1/2 ★(どんぶりの場合)
★コショウ・・・適量
★醤油 ・・・・一人分‐大さじ1
★ゴマ油・・・・一人分‐少々2~3滴

スープの材料を大きめな鍋に入れて強火から中火にかけて沸かし、
アクを取りながら30分以上煮てスープを用意しておきます。
えびわんたんスープ ダシ
ダシの入ったスープをこして、
鍋のスープは冷まさないように温めておきます。
(しょう油大さじ4・塩小さじ2・コショウ適量でスープに味をつけます。)
★鍋のスープへではなく各どんぶりに一人分づつ直接加えておいても良いです。
 味をみて薄いようでしたら好みで加えます。

1下準備 2下準備 3えびワンタン中身

小エビは殻を取り背わたも除いてお酒少々ふりかけて
大き目に刻んでおきます。
シイタケはみじん切りにしておきます。
ボールに小エビ・シイタケ・卵黄・ぶたひき肉・ねぎのみじん切りを加え
塩小匙1/3・しょう油小匙1・コショウを適量加え、片栗粉を少し加えて
よく混ぜ合わせておきます。

鍋を用意してたっぷりお湯を沸かします。

沸かしている間に、ワンタンの皮に中身を小匙山1杯づつ包み入れます。
5えびわんたん包み

沸いているお湯の中に包んだワンタンをそっと入れてゆでます。
お湯が沸いて沸騰しそうになりましたら水を100ccほど入れ又、
沸いてきましたら同じように水を加えます。
6えびわんたん茹で
ワンタンが湯の上に浮いてきて肉の部分にしわが出てきているようになれば
出来上がり。
4菜花 7菜花はスープの中で

温めているスープを強火にして菜花を加え少し沸騰させます。

各どんぶり(スープ皿)に刻みねぎとゴマ油3滴ほど入れ、あれば茹でた菜花、ほうれん草や小松菜などを入れて
そこに熱いスープを300~400cc注ぎ、茹で上がったワンタンを入れます。

えびわんたんスープ     
ゴマ油・黒コショウ・塩で刻みねぎを和えたものをしらすの上に乗せ、
お醤油少しでしらすご飯とワンタン。
しらすご飯
揚げだし豆腐
揚げ出し豆腐

揚げだし豆腐とえびワンタン
えびわんたんスープ と揚げだし豆腐
一口頂いた時のこのエビのプリプリ感がたまりません!
えびワンタンひとつ ごちそうさま、温まりました。


スポンサーサイト
Posted at 00:40 | 料理 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。