--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.23

和風カレー

和風カレ-! 男の料理
和風カレー 009

以下、息子の代筆
最近我が家でよく作る(×手抜き)和風カレーです。
材料は鶏モモ肉一枚、ねぎ一本、カレー粉、片栗粉、顆粒鰹だし、ザラメ、しょう油、
日本酒、サラダ油(風味の強すぎないもの)


まずベースのだし汁を作ります。
鍋に深さ2センチほどの水をいれ、顆粒鰹だし、しょう油、ザラメ、日本酒で味をつけます。
目安としてはこれだけで飲める天つゆに近い感じのものです。
あれより少し甘めでも良いです。
各大さじ1くらい味をみて自分好みに調節するのがよろしいかと思います。
淡い黄色に仕上げたければしょう油を抑えて塩で塩分を補うと良いでしょう。
めんどくさかったら何も考えずに市販のめんつゆで作ってもよろしいかと思います。
(味気なくなりますが)

和風カレー 002

味が調ったらカレー粉を投入します。
大さじ1だと多い気がするので小匙2くらいかなーと。

和風カレー 004

スープ作りと平行して一口大に切った鶏肉を焼いておきます
下味はつけなくて良いと思われます。
においが気になるなら日本酒とコショウで揉んでおくと良いです。
フライパンではカラッと焼けないのでグリルがおすすめです
皮を上にして焦げ目がつくまで焼きます。(片面だけでよいです)
肉の下側は余熱とスープに入れたときの熱で火が通るので気にしないでよいです。

ねぎは同じく一口大の輪切りにします。
これも表面に焦げ目がつくまであぶっても良いですが
めんどくさかったので今回はだし汁に入れてしまいます。

ここでだし汁にサラダ油を小匙1杯か2杯ほど入れておきます
好みですがコクが出て冷めにくくなります。
お好みでごま油でも良いかもしれません。

ねぎに8割ほど火が通ったら鶏肉を投入します。
鶏肉を焼いた時に油が出るのですが、美味しくなるので
我が家ではこれも入れてしまいます。
油が気になる方、あっさりが好きな方、透き通ったカレーが作りたい方は
入れないほうが良いかもしれません。

和風カレー 006

軽く混ざったら水溶き片栗粉で好みにとろみをつけます
だまにしないように、火を弱めお玉でゴリゴリかき混ぜながら
少しずつ入れてやってください。
いい感じにとろみがついたら完成です。慣れれば15分くらいでできてしまいます。

今回は鶏肉と長ネギでやりましたが、
豚バラ肉と薄切りの玉ねぎでやっても美味しいですよ。

そしてうどんにかければ、食べ慣れた味のカレーうどんになります。
一般的な小麦粉のカレーよりあっさりしていて
軽くいただけるため、家族に好評だったりします。
ルーも要りませんし時間もかからないのでお試しあれ


カレー粉を使った料理を作るのはちょっと苦手な管理人にとって
作ってもらえるのはありがたいことです。かなり、とても。

スポンサーサイト
Posted at 23:04 | 料理 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。