--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.23

今日までに楽しませてくれた車。

    

おとといの運転免許更新に関する記事はこちら
先日の過去の車に関するエピソードの記事はこちら

車もキャメル色のバンデンプラスプリンセスという今まで乗ってきたものよりは
小さい車に変わり、優しい木の温もりのある内装はロールスロイスの小型版で、
落ち着いていて好きでした。
でも、たまに交差点で信号の矢印が出た途端にストンとエンジン止まったり、
電車の踏み切りの直前で、プツンと止まったり、そのつど車から降りて
ニュウトラにしてドアを開け車から降りて、せっせと一人で道路隅へ寄せていました。
この車には冷や汗をよく掻かせられました。

次は、子供のラグビー等の遠征に行くのに多人数が乗れるといいなと思い、
ビュイックのステーションワゴン乗りました。
この車は、クッションはとても楽でしたが、大き過ぎて人目を引き過ぎる事と狭い道、
例えば、岐阜県の郡上八幡の友人の家に遊びに行った時は、
住宅が並ぶすごく細い道が有り、角をを90度に曲がっていくのに
7回以上ハンドル切り替えし、人様の家の塀に傷を着けず通過するのに苦労しました。
確かこのビュ‐イックは幅だけでも2メートル位あったはずですから。
もう少し目立たない車でしたら、ずっと乗りたかったです。

他に黒のフォルクスワーゲンコンバーチブル、そしてホンダのレジェンド
ワーゲンの方は、東京麻布十番近くの鳥居坂の上り坂を上がる時
車体が結構重いのでサイドブレーキをゆっくり緩めながらの
アクセル、ブレーキ、クラッチ操作に苦労しました。それは
車が信号で並んでいて坂の途中で止まっている時の事でした。
ホンダのレジェンドはその頃ではまだ出たてのカーナビが
組み込まれてあり、電話も付いていてかなり、贅沢な車でして
とても便利に運転させてもらいました。

その後、ベンツのステーションワゴンを経てエコカー、ガソリン代安いことを考えて
ウィッシュ。でもやはり、乗り心地、クッション等そして、走りはベンツの方が長距離乗るのに疲れません。

いつでしたか、エミシャの弟に借りて数日乗ってみたジャガー、この車はとても落ち着いた
気持ちで運転できるいい車で乗り心地はもちろん良い!
後部座席に乗っていた友人も“この車はスーッと静かに走るのねえ”と一言。

ポルシェは運転してると、何といっても心がスカーッとして、モヤモヤがどこかへ飛んで行ってしまう、とにかく走りが良い車でした。年老いても乗りたいな。
国産車は丈夫で壊れにくいです、外国の車は。。。丈夫ですし魅力はあります、ただ故障さえしなければいいのですが。
何せエミシャには車を分解したり、組み立てたり、直したりする
技術をまったく持っていないし、修理するにはそれぞれの部品も高額ですし・・・・・・
車の技術、知識、常識はしっかり身につけておかねばいけないのかしら。
スポンサーサイト
Posted at 19:58 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。